世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ

アクア・トト ぎふ

アクア・トトぎふ

アクア・トトぎふへ行ってきました

次に、コンゴ川流域の生き物の展示場へ行きました。

写真は「ニシアフリカコガタワニ」です。成長しても1.8m程度の小型のワニで、

土や葉を集めて巣をつくり子育てをするワニだそうです。ワニには珍しく夜行性

なのだそうです。

アクア・トト ぎふ

アクア・トト ぎふ

アクア・トトぎふへ行ってきました

「テトラオドン・ムブ」です。体の虫食い模様は成長とともに複雑になるそうです。

大きな川の水草の多いところにすみ、貝などを食べるそうです。この魚、一番前

まで出てきてくれたので、近くで模様が良く見えました。

アクア・トト ぎふ

アクア・トト ぎふ

アクア・トトぎふへ行ってきました

「ナイルパーチ」です。2m、180kgにもなる大型魚で、食用として用いられる

そうです。他の地域に放流され、繁殖してきましたが、もともとはアフリカ大陸の

ナイル川、ニジェール川、チャド地方にすんでいたそうです。

アクア・トト ぎふ

アクア・トト ぎふ

アクア・トトぎふへ行ってきました

「デンキナマズ」です。450ボルトもの強い電気で小魚をしびれさせて食べます。

卵や稚魚を口の中で育てるそうです。