• 宿泊プラン
  • 空室検索
  • お食事のみ

越前三国の旅Trip to Echizen & Mikuni

越前三国の旅

  • 越前・三国の旅『芝政ワールド』
  • 越前・三国の旅『東尋坊』
  • 越前・三国の旅『越前松島』
  • 越前・三国の旅『越前松島水族館』
  • 越前・三国の旅『福井県立恐竜博物館』
  • 越前・三国の旅『曹洞宗大本山永平寺』
  • 越前・三国の旅『雄島(おしま)』
  • 越前・三国の旅『三国湊』
  • 越前・三国の旅『三国の町並み』
  • 越前・三国の旅『旧森田銀行』
  • 越前・三国の旅『金沢と越前・三国』
  • 越前・三国の旅『三国温泉 お宿あらや 周辺地図』
  • 越前・三国の旅『ふくいブランド』

越前・三国の旅『芝政ワールド』

芝政ワールド

お宿あらやから車で5分 芝政ワールド

◆あらやから車で5分程度の距離にあり、芝生やプール、アトラクションなどで遊べるテーマパーク、越前・三国の芝政ワールド。ウォータースライダーや波の出るプールなどが大人気。2016年には4〜6人乗りの巨大な「ザ・モンスタースライダー」も登場。プールだけでも長い時間楽しむことが出来ます。室内プールもあるので、雨の日でもOK。他にも、海賊がテーマのアトラクション、パットゴルフやアーチェリー、キッズパラダイスなど、大人からお子様まで1日中遊べます。

越前・三国の旅『芝政ワールド』

芝政ワールド1DAYパスポートつき ご宿泊プラン

越前・三国の旅『東尋坊』

東尋坊

お宿あらやから車で5分 東尋坊

◆あらやから車で5分程度の距離にある越前・三国の「東尋坊」は、約1kmにわたる断崖に日本海の荒波が打ち寄せる、国の天然記念物及び指定名勝です。福井を代表する観光地の一つで、水面から25m(ビル約8~9階の高さ)もの断崖絶壁から臨む景色は雄大。海面からの目線で楽しめる観光遊覧船も大人気です。その断崖は「輝石安山岩の柱状節理」という地質学的にも大変珍しい奇岩で、世界中で東尋坊を含めたった3ヶ所という貴重さです。この東尋坊、実は、文字通りお坊さんの名前からつけられたものだとか。荒くれ者の東尋坊を崖から海に突き落としたことから名前がついたという説があり、今でも東尋坊の命日の4月5日には海が荒れると言われています。

▶︎ 東尋坊

越前・三国の旅『越前松島』

越前松島

お宿あらやから歩いてすぐ 越前松島

◆あらやから歩いてすぐ(宿は越前松島公園の中にあります)の場所にある国定公園「越前松島」は東尋坊の断崖に比べて女性的な趣が特徴的。海岸には古代の人が暮らした洞窟もあり、海が穏やかな季節にはお散歩コースとしても人気の場所。6月~9月には水平線に沈むきれいな夕日、冬は迫力のある日本海の荒波など、四季折々の表情を見る事ができます。

▶︎ 越前三国の旅「越前松島」

越前・三国の旅『越前松島水族館』

越前松島水族館

お宿あらやから歩いてすぐ 越前松島水族館

◆あらやから歩いてすぐ(宿から水族館の中が見えるくらいに近い)の場所にある、見て・触れて・楽しく学べる、体験・体感型の水族館。イルカショーやペンギンの散歩、アザラシ・サメ・巨大タコ・ドクターフィッシュなどに触ることができ、ウミガメや海の魚への餌やりもできます。ガラス張りの水面を歩ける「さんごの海」、空を飛ぶように泳ぐペンギンを水中から見られる「ぺんぎん館」が大好評。水槽では珍魚コンペイトウをはじめ、日本海の魚を中心に約350種類におよぶ珍しい魚に会える水族館です。

▶︎ 越前三国『越前松島水族館』

越前・三国の旅『福井県立恐竜博物館』

福井県立恐竜博物館

越前勝山 福井県立恐竜博物館

◆あらやから車で一時間ほどの距離にある、恐竜化石の宝庫として全国的にその名が知られている勝山の福井県立恐竜博物館は、世界三大恐竜博物館の一つ。銀色のドーム型展示室には、40体以上の恐竜の全身骨格をはじめ千数百もの標本や巨大なジオラマ、迫力満点のダイノシアター(200インチの対面スクリーン)があります。大迫力の恐竜を間近で見ることができ、子どもから大人まで楽しめる博物館。時期によって恐竜の化石の発掘体験もできます。

▶︎ 越前勝山『福井県立恐竜博物館』

越前・三国の旅『曹洞宗大本山永平寺』

  • 750年脈々と続く幽玄の地、曹洞宗大本山永平寺
  • 曹洞宗大本山永平寺

    全国1万5千余の末寺の大本山である永平寺は、1244年道元禅師によって開創された『日本曹洞宗』の第一道場です。七堂伽藍をはじめ、70余棟の殿堂楼閣が、樹齢 600年を越える老杉の巨木に囲まれながら静かにたたずんでいます。現在も750年前に道元によって定められた厳しい作法に従い、修行僧が禅の修行に励んでいます。

    ▶︎ 曹洞宗大本山『永平寺』

越前・三国の旅『雄島(おしま)』

三国温泉お宿あらやから車で5分の神の島

◆坂井市三国町安島から約200m沖にある安山岩の岩石島。歴史ある大湊神社が鎮座する雄島(おしま)は、地元の人々から「神の島」と崇められています。朱塗りの大橋を渡り石段を上がると、そこはヤブニッケイやタブノキなどの樹木がうっそうと生い茂る雄島の森。約一時間足らずで島を回れる遊歩道には、太古から残る大木や、海食により削られた崖など、不思議な風景が続きます。毎年4月の雄島まつりでは、舟みこしや乙女みこしなどが繰り出します。

越前・三国の旅『三国湊』

新たな観光スポット 三国湊

◆三国(坂井市)の湊町は江戸時代から明治初期にかけて、北前船交易で隆盛を極めました。今も、情緒ある格子戸が連なる町家、豪商の面影が残る商家など、古い町並みの中に歴史や往時のにぎわいを感じ取ることができます。大通りを一本入ると、当時の面影が残るノスタルジックな町屋や、いぶし銀のようなオーラを放つ貴重な建造物が。多くの外国人観光客も訪れる三国の新たな観光スポットに成長しています。

越前・三国の旅『三国の町並み』

北前船で栄えた三国の古き良き面影

◆北前船の海上交通の要として栄えた三国(坂井市)の湊町には、豪商の面影を残す旧家や、かつて遊郭として賑わった格子戸が連なる町並みなどが残され、細い路地を歩くとタイムスリップしたような気分になります。公開されている旧岸名家では、妻入り屋根の正面に平入り下屋がある三国独特の建築様式「かぐら建て」や、笏谷石を敷いた「とおり」と呼ばれる家の中の通路など、三国湊の往時の町屋の暮らしぶりを偲ぶことができます。

越前・三国の旅『旧森田銀行』

三国湊の繁栄を伝える

◆三国港の豪商森田家が創業した森田銀行の新本店として大正9年に建設されたもので、外観は西欧の古典的なデザイン、内観は豪華な漆喰模様が美しく、福井県で最古の鉄筋コンクリート造りです。

越前・三国の旅『金沢と越前・三国』

◆お隣の石川県金沢と組み合わせた旅もおすすめです。例えば、2泊3日のご予定だと、1日目は金沢市内を楽しんで山代・山中・片山津で1泊、2日目は永平寺や恐竜博物館を楽しみ三国で1泊、3日目は三国を観光して帰路へ。金沢と越前・三国の旅をお楽しみください。

金沢と越前・三国の旅

越前・三国の旅『三国温泉 お宿あらや 周辺地図』

三国温泉お宿あらや周辺地図

宿から東尋坊・芝政ワールドまで車で5分、隣は越前松島水族館

越前・三国の旅『ふくいブランド』

◆ 越前・福井の地域ブランドを集結
福井県では全国トップクラスを誇る「健康・長寿」をブランドコンセプトの中心に据え、越前福井の持つ個々の地域ブランドを集結することで福井県全体のイメージ=「ふくいブランド」が、全国の人々から好感を持って受け入れられるものとなるべく取り組んでいます。三国温泉 お宿あらやは「ふくいブランド大使」に認定されており、越前蟹(えちぜんがに)の魅力を全国に発信しています。福井の魅力ある地域ブランドの一部をご紹介します。(参考文献:『ふくいブランドハンドブック』)

ページトップへ