越前がに 越前かに 宿泊 「生活散歩」 越前がに 越前かに 宿泊 「生活散歩」

↑「生活散歩 vol.64 第10回食彩の憧憬」 でご紹介いただきました。

編集部の皆様にお礼申し上げます。ありがとうございました。

・生きた『かに』にこだわる三国の人の心意気・

三国港の越前がには、皇室に献上されることもあるほど、味に定評がある。

おいしいのは、暖流と寒流がぶつかるところに漁場があり、

エサのプランクトンや小魚、甘海老が豊富なため。


また、漁場が近いので日帰りの漁ができ、

生きたまま持ち競りに出せるのも味のよさに繁がっている。


だから、三国の人は、生きたかにを提供することにこだわる。


荒川さんは軽トラックの荷台に海水とエアーポンプを入れた水槽を用意し、

競り落としたものをすぐ運び込めるようにしているという。


「越前がには、値段が高い。だから、わざわざ足を運んでくださるお客さんには、

できるだけ、おいしい状態で食べてもらいたいんです。

アツアツで食べる贅沢は、ここでしか味わえませんよ」


満足そうに食べる客の様子を見て、荒川さんもまた満足げな表情をした。

おいしいと言われるのが、何よりうれしいのだ。


荒川さんは、大阪でサラリーマンをしていたが、

その後、料理屋で板場修行をし、三国に戻ってきた。


「かにがあったから帰ってきた」のだ。


両親が営んできた民宿を越前がに中心の店に変え、

インターネットで通信販売を始めた。

インターネットのおかげで、越前がにの名前は、全国に広まった。


「かには商売になると思って始めたんだけど、

漁獲量は安定しないし、なかなか難しい。でも、こだわりを持ち続けていきたい。

そうですね。やっぱりかにが好きなのかもしれない」


東尋坊の荒波が砕ける音を聞いて育った若主人は、

ちょっと恥ずかしそうに笑ってみせた。


3/3  最初に戻る   前に戻る    

「生活散歩 vol.64 第10回食彩の憧憬」 特集記事より一部抜粋 

・「生きた越前がに」を扱います・

「越前がに」のいけす

「越前がに」のいけす

あらやは「生きた越前がに」しか扱いません。

死んだカニはセリ落とさず、

生きた越前がに」をその場で調理します。

「越前がに」をお見せします

「越前がに」をお見せします

あらやは「生きた越前がに」をお見せします。

お客様に本日お出しする越前がにを、

ご確認いただいてから、調理いたします。