• 宿泊プラン
  • 空室検索
  • お食事のみ

三国温泉Mikuni hot spring

からだの芯まであたたまる三国温泉を、
貸切でゆったりと。

  • 三国温泉 浴室「松風」
  • 三国温泉 浴室「松風」
  • 三国温泉 浴室「松風」
  • 三国温泉 浴室「淡雪」
  • 三国温泉 浴室「松風」
  • 三国温泉 浴室「松風」
  • 三国温泉 浴室「松風」
  • 三国温泉 浴室「松風」
  • 三国温泉 浴室「淡雪」
  • 三国温泉 浴室「松風」

お風呂は、ぽかぽかとあたたかさが持続する三国温泉の浴室を貸切でご提供。
家族4人で入っても十分な、広々とした幅2.5mのお風呂をご用意しております。
貸切なので、他のお客様とご一緒にならず、お客様だけでゆっくりと楽しんでいただけます。


あらやの三国温泉は
時間でご利用いただく貸切風呂

三国温泉 お宿あらやは、一日4組限定の小さなお宿です。
お客様最大4組に対して、広々とした浴室を2つご用意しております。
時間指定の貸切風呂ですので、お客様だけのプライベートなお時間をゆっくりお過ごしいただけます。
お早めのチェックインでしたら、ご夕食の前と後の両方でご入浴いただくこともできます。
 ※ 入浴時間は、ご宿泊当日のチェックインの際にご予約いただきます。
 ※ 朝の入浴は提供しておりません。


三国温泉の泉質は、ナトリウム・カルシウム一塩化物温泉

  • 三国温泉の泉質は、ナトリウム・カルシウム一塩化物温泉で、サラサラとしたお湯です。ミネラルと塩分がお肌をベールのようにまとうことで保温・保湿し、ぽかぽかと体のあたたかさが持続するのが特徴で「美肌の湯」と呼ばれています。冷え性や疲労回復にも効果的で、旅の疲れを癒してくれます。弱アルカリ性で肌にも体にも優しいお湯です。

三国温泉のご利用につきまして

あらやはご家族やご夫婦、カップルのお客様を
とても大切に考えております。

当宿には大浴場はございません。
大浴場はございませんが、ご夫婦やご家族でお入りになるのに
十分な大きさの浴室が2つございます。

以前、家族旅行で大浴場を利用した際、
忙しい時期なのか、多くの人がいて周囲が慌ただしく、
子供が周りの大人を気にして、ゆっくり入浴できませんでした。

このとき、「男女に分かれず、家族だけで楽しく入れたら」と
強く感じました。そこで、自分の宿では「貸切でご提供する」ことにしました。

「客室4室で二つの浴室」ですので、
もし二組のお客様がご宿泊なら、その日はお一組様で一つの浴室を
寝るまで貸切でご利用いただけます。

お客様が、海のミネラルの含まれた三国温泉で
旅の疲れをいやしてくださることを願っております。


三国温泉 4号井 温泉成分分析表    
温泉分析申請者/坂井市長 坂本憲男
1.源泉名三国温泉 4号井
2.湧出地福井県坂井市三国町安島47字牛ヶ谷9
3.泉質ナトリウム・カルシウム一塩化物温泉(等張性中性高温泉)
4.泉温50.9℃
5.湧出量204L/min
6.温泉利用施設越前三国温泉協同組合所属 三国温泉 お宿 あらや
福井県坂井市三国町梶38-37-2 越前加賀海岸国定公園 越前松島
7.分析者北陸環境科学研究所
8.分析年月日平成28年3月11日

浴用の適応症および禁忌症
【1】浴用の適応症
筋肉もしくは関節の慢性的な痛みまたはこわばり、胃腸機能の低下、痔疾、冷え性、 病後回復期、疲労回復、健康増進、ストレスによる諸症状、慢性皮膚病
【2】浴用の禁忌症
病気の活動期(特に熱・出血のあるとき)、重篤な腎臓・肺・心臓疾患
浴用の方法および注意
【1】入浴前の注意
(ア)食事の直前、直後および飲酒後の入浴は避けること。酩酊状態での入浴はとくに避けること。
(イ)過度の疲労時には身体を休めること。
(ウ)運動後、30分程度の間は身体を休めること。
(エ)高齢者、子供および身体の不自由な人は、一人での入浴は避けることが望ましいこと。
(オ)浴槽に入る前に、手足から掛け湯をして温度に慣らすとともに、身体を洗い流すこと。
【2】入浴方法
(ア)入浴温度:高齢者、高血圧症、心臓病、脳卒中を経験した人は、42℃以上の高温浴は避けること。
(イ)入浴形態:心肺機能の低下している人は、全身浴よりも半身浴または部分浴が望ましいこと。
(ウ)入浴回数:1日あたり1~2回とするのが望ましい。
(エ)入浴時間:3分~10分程度が望ましい。
【3】入浴中の注意
(ア)運動浴を除き、手足を軽く動かす程度にして静かに入浴すること。
(イ)浴槽から出るときは、立ちくらみを起こさないようにゆっくり出ること。
(ウ)気分が不良の時は、近くの人に助けをもとめること。
(エ)気分が不良の時は、浴槽から頭を低い位置に保ってゆっくり出て、横になって回復を待つこと。
【4】入浴後の注意
(ア)身体に付着した温泉成分を温水で洗い流さず、タオルで水分を拭き取り着衣すること。
(イ)入浴後は身体の保温および30分程度の安静を心がけること。
(ウ)脱水症状を避けるため、コップ1杯程度の水分を補給すること。
【5】その他
(ア)浴槽水の清潔を保つため、浴槽にタオルは入れないこと。

ページトップへ