ナホトカ号重油流出事故の現状と記念碑

◆ナホトカ号重油流出事故の現状と記念碑(福井県坂井市三国町)◆

ナホトカ号重油流出事故の現状と記念碑

三国町安島の安島保育所前の海に面した広場にあります

1997年1月2日、日本海の隠岐島沖で船体が破断、沈没したロシア

船籍タンカー「ナホトカ号」の船首部分は1月7日午後、三国町

安島の沖合200メートルに漂着。越前加賀海岸国定公園に面した

美しい海岸は瞬く間に真っ黒い重油に覆われました。

地元住民はバケツを手に重油回収をはじめ、その報道を見て各地

から延べ四万人を超えるボランティアや、自衛隊員重油回収

加わり、4月20日には船首部分も撤去され、ようやく美しい自然を

取り戻すことができました。

地元の観光に携わる者として、真冬の厳しい波風のなか、重油回収

にご協力いただいた方々に深く感謝いたします。

この記念碑は漂着の一年後(1998年)に建てられました。

写真は2010年5月に撮影したものです。あれから、13年が経ち

重油流出事故は私たちの記憶から遠くなりました。

11月から3月は 「越前がに」