ナホトカ号重油流出事故の現状と記念碑

ナホトカ号重油流出事故の現状と記念碑(福井県坂井市三国町)◆

ナホトカ号重油流出事故記念碑1

あらやから東尋坊方面に向かって車で3分くらい走ると、左手には

「三国海浜自然公園」が見えてきます。右手には雄島に通じる道が

あります。雄島の方へ曲がると、海をバックに石碑が建っている

のが見えます。

ナホトカ号重油流出事故記念碑2

ナホトカ号重油流出記念碑です。ナホトカ号の船首部分が漂着した

場所が、ここのすぐ近くだったそうです。

ナホトカ号重油流出事故記念碑3

石碑の文章部分のアップ。ナホトカ号が座礁して海がどのように

なったか、海の重油回収のために自衛隊の方やボランティアさんが

沢山駆けつけてくださった事、結果約3カ月で回収を終えられた事

等が書かれています。

ナホトカ号重油流出事故記念碑4

文章の下の部分のアップ。漂着時のナホトカ号の船首の様子が

描かれています。

ナホトカ号重油流出事故記念碑5

記念碑横の案内板(?)です。当時の重油で真っ黒に汚れた海の

様子や、皆が活動している様子、どうやってこの綺麗な海に戻す

事が出来たか等が書かれています。

11月から3月は 「越前がに」