ふくいブランド「越前の歴史年表」/三国温泉 お宿 あらや

  • 宿泊プラン
  • 空室検索
  • お食事のみ

越前から全国へ福井の魅力を発信!
ふくいブランド「越前の歴史年表」FUKUI BRAND/From Fukui to the World

ふくいブランド「越前の歴史年表」

  • ふくいブランドとは
  • ふくいブランド越前の歴史年表『500年~999年』
  • ふくいブランド越前の歴史年表『1000年~1499年』
  • ふくいブランド越前の歴史年表『1500年~1599年』
  • ふくいブランド越前の歴史年表『1600年~1799年』
  • ふくいブランド越前の歴史年表『1800年~1899年』
  • ふくいブランド越前の歴史年表『1900年~1999年』
  • ふくいブランド越前の歴史年表『2000年~』

ふくいブランドとは

◆ 越前・福井の地域ブランドを集結
福井県では全国トップクラスを誇る「健康・長寿」をブランドコンセプトの中心に据え、越前福井の持つ個々の地域ブランドを集結することで福井県全体のイメージ=「ふくいブランド」が、全国の人々から好感を持って受け入れられるものとなるべく、地域とともに取り組んでいます。三国温泉 お宿あらやは「ふくいブランド大使」に認定されており、越前蟹(えちぜんがに)の魅力を全国に発信しています。福井の魅力ある地域ブランドとはなにか、その一部をご紹介します。

◆ 『ふくいブランドハンドブック』
このコンテンツは福井県観光営業部ブランド営業課が発行している『ふくいブランドハンドブック』を参考文献として用いました。

ふくいブランド越前の歴史年表『500年~999年』

◆ 越前の歴史年表『500年~999年』
507年:越前坂井に育ったおおと王が天皇(継体天皇)に即位する。(『日本書紀』より)
717年:泰澄大師、白山開山
749年:越前国各地で東大寺荘園の占定が行われる。
758年:入京前の渤海使節団を越前に留める。後に、敦賀に松原客館を設ける。
806年:坂上田村磨呂、明通寺創建(伝)
996年:紫式部、藤原為時とともに武生に来る。

ふくいブランド越前の歴史年表『1000年~1499年』

◆ 越前の歴史年表『1000年~1499年』
1172年:平清盛の寵愛を受けた白拍子、祇王、没
1243年:道元、越前志比庄に来る。
1244年:道元、大仏寺(永平寺の前身)建立
1338年:南朝の将、新田義貞、越前で戦死する。
1408年:南蛮船が小浜に来着、象が小浜に来航。
1471年:朝倉孝景、越前守護となる。
1471年:蓮如、吉崎に坊舎を建立
1477年:朝倉家を三代にわたり支えた名将 朝倉宗滴(教景)、生まれる

ふくいブランド越前の歴史年表『1500年~1599年』

◆ 越前の歴史年表『1500年~1599年』
1536年:朝倉家の猛将、真柄十郎左衛門直隆、生まれる
1563年:明智光秀の娘、珠(細川ガラシャ)、生まれる
1567年:足利義昭、明智光秀とともに一乗谷に移住
1573年:織田信長、朝倉孝景を破り越前を領国とする。
1574年:越前一向一揆が蜂起する。
1575年:柴田勝家、越前に入る
1575年:前田利家、府中(越前市)に入る
1576年:柴田勝家、民政の基本となる掟書を越前国中に発する。
1576年:丸岡城、築城(現存する日本最古の天守閣)
1582年:お市の方と三姉妹、越前北庄城入り
1583年:柴田勝家、お市の方とともに自害
1589年:大谷吉継、敦賀城主となる

ふくいブランド越前の歴史年表『1600年~1799年』

◆ 越前の歴史年表『1600年~1799年』
1600年:京極高次(正室は初(常高院))、若狭小浜に入る
1600年:結城秀康、68万石余で越前北庄に封じられる。
1601年:結城秀康、越前に入る
1606年:福井城、築城
1606年:江の娘 初姫、二代小浜藩主京極忠高と結婚
1607年:越前福井藩祖 結城秀康、没
1611年:江の娘 勝姫、二代福井藩主松平忠直と結婚
1612年:巌流 佐々木小次郎、没
1634年:酒井忠勝、11万石余で若狭小浜に封じられる。
1652年:義民 松木庄左衛門、没
1653年:日本のシェークスピア 近松門左衛門、生まれる
1664年:治水の先駆者 行方久兵衛、浦見川を切り開く
1686年:福井藩、25万石に減封される。
1689年:松尾芭蕉、おくのほそ道で福井に訪れる
1697年:松平頼方(のちの徳川吉宗)、越前国葛野藩主となる
1733年:杉田玄白、生まれる
1774年:小浜藩医、杉田玄白ら『解体新書』を出版する。

ふくいブランド越前の歴史年表『1800年~1899年』

◆ 越前の歴史年表『1800年~1899年』
1812年:幕末の歌人 橘曙覧、生まれる
1829年:由利公正(三岡八郎)、生まれる
1845年:幕末の海外留学生 日下部太郎、生まれる
1848年:初代帝国大学総長、渡邊洪基、生まれる
1851年:食育の祖 石塚左玄、生まれる
1851年:自由民権運動で活躍 杉田定一、生まれる
1851年:笠原白翁、公立種痘所「除痘館」開設
1855年:福井藩校 明道館(のちの明新館)、開校
1858年:鯖江藩主 間部詮勝、老中就任
1858年:幕末の福井藩士 橋本左内、福井藩主松平慶永の命を受け上京し活躍する。
1859年:幕末の福井藩士 橋本左内、安政の大獄にて没
1862年:松平春嶽、政治総裁職就任
1863年:坂本龍馬、松平春嶽に資金援助願いに福井へ来訪
1863年:明治の美術界の指導者 岡倉天心、生まれる
1865年:水戸天狗党(武田耕雲斎ら)敦賀で処刑
1868年:由利公正、五箇条の御誓文起草
1868年:福井県出身の総理 岡田啓介、生まれる
1868年:地震学の草分け 大森房吉、生まれる
1871年:廃藩置県により、福井・小浜・丸岡・大野・鯖江・勝山などの諸県が置かれる。
1871年:由利公正、東京府知事就任
1874年:魯迅が敬慕した藤野厳九郎、生まれる
1879年:明治の歌人、山川登美子、生まれる
1881年:石川・滋賀県に分属していた越前・若狭の11郡をもって福井県が誕生する。
1882年:日本海側初となる敦賀までの鉄道開設
1883年:芦原温泉が発見される。
1884年:あわら温泉 開湯
1896年:北陸線の敦賀-福井間が開通する。
1898年:石塚左玄、「通俗食物養生法」著述
1899年:敦賀港が外国貿易港に指定される。

ふくいブランド越前の歴史年表『1900年~1999年』

◆ 越前の歴史年表『1900年~1999年』
1900年:三国を愛した詩人 三好達治、生まれる
1902年:批判精神信念の文学 中野重治、生まれる
1905年:福井県での眼鏡製造開始
1906年:岡倉天心、「茶の本」ニューヨークで出版
1907年:昭和文壇を代表する作家 高見順、生まれる
1908年:作曲家 今川節、生まれる
1909年:越前蟹(えちぜんがに)の皇室献上、はじまる
1910年:白川文字学の祖 白川静、生まれる
1910年:佐久間勉艇長、殉死
1912年:日本マジックの基礎を築いた 松旭斎天一、没
1913年:秋山徳蔵が天皇の料理番となる
1918年:児童画家 いわさきちひろ、生まれる
1919年:福井県の輸出向け羽二重生産額ピークを迎える。
1920年:ポーランド孤児の「人道の港」敦賀への上陸が始まる
1922年:小浜線全線が開通する。(敦賀-舞鶴間)
1932年:福井市に世界初の人絹取引所が開設される。
1945年:福井・敦賀に空襲。
1948年:福井地震起こる。全壊家屋33000余戸。死者3800余人。
1956年:コシヒカリ、誕生(品種登録)
1962年:北陸トンネル開通する。(全長13.87㎞)
1968年:福井国体開催される。
1969年:日本原電敦賀発電所で臨界式。我が国二番目の「原子の火」灯る。
1970年:福井臨海工業地帯の造成が開始される。
1980年:北陸自動車道の県内全線が開通する。
1982年:勝山市北谷でワニの化石発見(恐竜発掘のきっかけとなる)
1992年:福井県立大学が開学する。
1995年:世界体操選手権鯖江大会が開催される。
1999年:ねんりんピック’99福井が開催される。つるが・きらめきみなと博21が開催される。

ふくいブランド越前の歴史年表『2000年~』

◆ 越前の歴史年表『2000年~』
2000年:恐竜エキスポふくい2000が開催される。
2003年:若狭路博2003が開催される。
2004年:福井豪雨災害起こる。死者4人、約14000世帯に被害。スポレク福井2004が開催される。
2005年:第20回国民文化祭ふくい2005が開催される。
2009年:第60回全国植樹祭2009ふくいが開催される。

ページトップへ