越前の旅「越前の食育」

越前の旅「越前の食育」

  • ふくいブランドとは
  • 越前の旅 越前の食育『食育の言葉を使い始めたのは』
  • 越前の旅 越前の食育『長寿の秘訣を伝承』
  • 越前の旅 越前の食育『福の心を未来に』
  • 越前の旅 越前の食育『健康長寿のヒント』

ふくいブランドとは

◆ 越前・福井の地域ブランドを集結
福井県では全国トップクラスを誇る「健康・長寿」をブランドコンセプトの中心に据え、越前福井の持つ個々の地域ブランドを集結することで福井県全体のイメージ=「ふくいブランド」が、全国の人々から好感を持って受け入れられるものとなるべく、地域とともに取り組んでいます。三国温泉 お宿あらやは「ふくいブランド大使」に認定されており、越前蟹(えちぜんがに)の魅力を全国に発信しています。福井の魅力ある地域ブランドとはなにか、その一部をご紹介します。

◆ 『ふくいブランドハンドブック』
このコンテンツは福井県観光営業部ブランド営業課が発行している『ふくいブランドハンドブック』を参考文献として用いました。

越前の旅 越前の食育『食育の言葉を使い始めたのは』

◆ 食育の言葉を使い始めたのは
自分で自分の健康を守り、健全で豊かな食生活を送るための能力を高める『食育』。この言葉を日本で使い始めたのは、福井市子安町で生まれた石塚左玄(いしづかさげん)という医師です。彼は『化学的食養長寿論』の中で「地方に先祖代々伝わってきた伝統的食生活にはそれぞれ意味があり、その土地に行ったらその土地の食生活に学ぶべきである」という『身土不二(しんどふじ)』の原理を発表。今から百年以上も前に、食の栄養、安全、選び方や組み合わせ方の知識と、それに基づく食生活が心身共に健やかな人間をつくるという教育=「食育」を唱えていたのです。

◆ 石塚左玄(いしづかさげん)1851~1909
幕末、福井藩に生まれる。食を通じた予防と治療を説く『化学的食養長寿論』を発表し、食養医学の基礎を築く。

越前の旅 越前の食育『長寿の秘訣を伝承』

◆ 長寿の秘訣を伝承
福井県は石塚左玄の他にも、多くの名医を生み出しています。西洋の医学書「ターヘル・アナトミア」を翻訳した『解体新書』で知られる杉田玄白は、小浜藩医として活躍した福井出身の人物です。彼は85歳という当時としては大変な長寿をまっとうし、医業のかたわら多くの著作を残しました。そのひとつ『養生七不可(ようじょうしちふか)』には健康長寿のためにやってはいけないことが書き記されており、健康と長寿の秘訣を後世の人々に残してくれています。彼が生まれた小浜藩の江戸屋敷は、現在、東京都新宿区矢来公園になっており、玄白の生誕地と小浜藩邸跡を示す記念碑が立っています。また、東京都荒川区回向院には、玄白が解体新書を著したことを記念した観臓記念碑が設けられています。

◆ 杉田玄白(すぎたげんぱく)1733~1817
祖父の代から続く、小浜藩の藩医。日本の近代医学の出発点ともいえる「解体新書」の翻訳などで知られる。『養生七不可(ようじょうしちふか)』を著して健康と長寿の秘訣を説く。

越前の旅 越前の食育『福の心を未来に』

◆ 福の心を未来に
江戸時代の寺子屋では、生徒に「福」の文字を、次のように教えていたといいます。「”福”という文字は”一口田ネ(ひとくちだね)と読めます。一口の幸福に感謝し、よく噛みしめ、深く味わって食べましょう」このように、食育の精神を表すような”福”を持つ福井県には、遥か江戸時代の昔から食を通した健康づくりの精神が根づいているのです。その証のひとつが、全国トップクラスの平均寿命にあらわれているのでしょう。

越前の旅 越前の食育『健康長寿のヒント』

◆ 「養生七不可」
杉田玄白が書き残した「養生七不可」。その内容を現代風に言い換えると、
一、昨日の失敗は後悔しない
一、明日のことは心配しない
一、食べるのも飲むのも度を過ぎない
一、変わった食べ物は食べない
一、何でもないのにむやみに薬を飲まない
一、元気だからといって無理をしない
一、楽をせず、適当に運動を
・・・ということになります。どうやら健康で長生きする秘訣は、今も昔もあまり変わらないようです。


  • 「越前の旅」コンテンツ

    福井県の越前・三国エリアには、食べる・買う・遊ぶ・観光・宿泊・体験など魅力がいっぱいです。お宿あらやの地元、越前を旅行・観光する際の参考になればと、「越前の旅」コンテンツに福井県の情報をたくさん掲載しました。【越前の旅
  • 越前の旅「越前の食」

    越前の地、福井県は県民の平均寿命が全国トップクラスの長寿県。男女平均で平成2年全国4位、平成7年全国4位、平成12年全国2位、平成17年全国4位平成22年全国2位の実績があり、まさに福井は長寿の地です。その長寿の秘訣は越前ガニなどの食にあります。【越前の旅「越前の食」
  • 越前の旅「越前の食育」

    自分で自分の健康を守り、健全で豊かな食生活を送るための能力を高める『食育』。この言葉を日本で使い始めたのは、福井市出身の石塚左玄(いしづかさげん)という医師です。彼は『化学的食養長寿論』の中で「地方に先祖代々伝わってきた伝統的食生活にはそれぞれ意味があり、その土地に行ったらその土地の食生活に学ぶべきである」という『身土不二(しんどふじ)』の原理を発表しました。【越前の旅「越前の食育」
  • 越前の旅「越前の名水」

    お米や地酒、お蕎麦などの美味しさは、「水」の良い福井ならでは。福井の豊富で清らかな水は、生活に潤いを与える、まさに健康長寿の秘訣のようです。福井の名水自慢は数あれど、中でも一番の自慢は、どこに出かけることもなく我が家で美味しい地下水が飲めることにあるでしょう。なんと福井県は、水道の水源の約7割が地下水。全国の平均では、地下水の割合は約2割ということからも、福井県がいかに豊富な地下水に恵まれているかが分かります。【越前の旅「越前の名水」
  • 越前の旅「越前の偉人」

    福井県、越前出身の偉人・有名人に道元・蓮如・柴田勝家・佐々木小次郎・松平春嶽・橋本左内などがいます。いずれも良く知られた人物で小説やドラマにも登場する人物です。越前を旅するなら、福井にゆかりのある歴史上の人物を知ると旅の楽しみが増すかもしれません。【越前の旅「越前の偉人」
  • 越前の旅「越前の地場産業」

    福井県、越前の地場産業をご存知でしょうか。日本国内シェア93%を誇る福井県の眼鏡フレーム。眼鏡枠工業の歴史は、明治38年(1905年)に増永五左衛門が、老眼鏡や近眼鏡がやがて社会の必需品になることを見越して、大阪から眼鏡枠づくりの技術を導入したことに始まります。このほか越前和紙・越前漆器・越前焼・越前打刃物などがあります。【越前の旅「越前の地場産業」

ページトップへ