福井地震から学ぶ耐震対策越前・三国の旅

福井地震から学ぶ耐震対策(86)

福井県の越前・三国エリアの魅力を発信しています
三国温泉 お宿あらやは福井県よりふくいブランド大使に認定されており、福井県の越前・三国エリアの情報や、越前蟹(えちぜんがに)の魅力をネットを通して全国に発信しています。この記事は福井県坂井市「広報さかい平成30年6月号」より掲載しました。福井県の歴史文化に興味を持ち、越前・三国を旅する方が増えることを願います。 ●広報さかい

福井地震から70年 被災から学ぶ未来に活きる教訓
昭和23年6月28日、丸岡町付近を震源とする震度7の直下型地震が発生しました。地震による被害は甚大で、丸岡町内の家屋損壊率は後に発生した火災による焼失も含めて100%に至りました。福井地震は震度7が設定される契機となった地震であり、日本の災害史上でも特筆すべきものです。また、地震の被害状況を調査した結果は、後の建築基準法に取り入れられており、木造建築物の耐震性向上に重要な役割を果たしたそうです。
福井地震により倒壊した丸岡城天守。現在進めている調査研究事業のなかでわかってきたことがあります。昭和30年刊行の修理工事報告書の中に倒壊した天守の写真が掲載されています。写真をみると、1階の板張りの外壁が原型を留めていることがわかります。本来なら大きな地震力を受けて倒壊されるはずの1階外壁に大きな破損が無かったことから、天守台の石垣が先に崩落し、支えを失った上部の木造部分が下に落下したのではないかと推測されます。天守台石垣が崩落しなければ、被害はもっと少なかったかもしれません。
平成28年に発生した熊本地震では、美しい高石垣で知られる熊本城の石垣にも甚大な被害が発生しました。平成29年刊行の「復興 熊本城Vol.1」によれば、本震による石垣の被害は膨らみ・緩みが517面、このうち崩落は50箇所229面に及んでいます。実は石垣の耐震対策についてはまだ十分ではなく、現在熊本城では、復旧方法の検討のために崩落過程の分析や地盤調査など、さまざまな調査が行われています。
福井地震の教訓は木造建築物の耐震性向上に寄与しました。熊本地震の復旧を通じて、石垣の耐震対策は大きく進展するかもしれません。そうした成果が将来丸岡城をはじめとする城郭の石垣保存に活かされことが期待されます。


「越前・三国の旅」に戻る


  • 「越前の旅」コンテンツ

    福井県の越前・三国エリアには、食べる・買う・遊ぶ・観光・宿泊・体験など魅力がいっぱいです。お宿あらやの地元、越前を旅行・観光する際の参考になればと、「越前の旅」コンテンツに福井県の情報をたくさん掲載しました。【越前の旅
  • 越前の旅「越前の食」

    越前の地、福井県は県民の平均寿命が全国トップクラスの長寿県。男女平均で平成2年全国4位、平成7年全国4位、平成12年全国2位、平成17年全国4位平成22年全国2位の実績があり、まさに福井は長寿の地です。その長寿の秘訣は越前ガニなどの食にあります。【越前の旅「越前の食」
  • 越前の旅「越前の食育」

    自分で自分の健康を守り、健全で豊かな食生活を送るための能力を高める『食育』。この言葉を日本で使い始めたのは、福井市出身の石塚左玄(いしづかさげん)という医師です。彼は『化学的食養長寿論』の中で「地方に先祖代々伝わってきた伝統的食生活にはそれぞれ意味があり、その土地に行ったらその土地の食生活に学ぶべきである」という『身土不二(しんどふじ)』の原理を発表しました。【越前の旅「越前の食育」
  • 越前の旅「越前の名水」

    お米や地酒、お蕎麦などの美味しさは、「水」の良い福井ならでは。福井の豊富で清らかな水は、生活に潤いを与える、まさに健康長寿の秘訣のようです。福井の名水自慢は数あれど、中でも一番の自慢は、どこに出かけることもなく我が家で美味しい地下水が飲めることにあるでしょう。なんと福井県は、水道の水源の約7割が地下水。全国の平均では、地下水の割合は約2割ということからも、福井県がいかに豊富な地下水に恵まれているかが分かります。【越前の旅「越前の名水」
  • 越前の旅「越前の偉人」

    福井県、越前出身の偉人・有名人に道元・蓮如・柴田勝家・佐々木小次郎・松平春嶽・橋本左内などがいます。いずれも良く知られた人物で小説やドラマにも登場する人物です。越前を旅するなら、福井にゆかりのある歴史上の人物を知ると旅の楽しみが増すかもしれません。【越前の旅「越前の偉人」
  • 越前の旅「越前の地場産業」

    福井県、越前の地場産業をご存知でしょうか。日本国内シェア93%を誇る福井県の眼鏡フレーム。眼鏡枠工業の歴史は、明治38年(1905年)に増永五左衛門が、老眼鏡や近眼鏡がやがて社会の必需品になることを見越して、大阪から眼鏡枠づくりの技術を導入したことに始まります。このほか越前和紙・越前漆器・越前焼・越前打刃物などがあります。【越前の旅「越前の地場産業」

ページトップへ