越前の旅「越前のグルメ」

越前の旅「越前のグルメ」

  • ふくいブランドとは
  • 越前の旅 越前のグルメ『越前蟹(えちぜんがに)』
  • 越前の旅 越前のグルメ『越前おろしそば』
  • 越前の旅 越前のグルメ『越前おろしそばの健康効果』
  • 越前の旅 越前のグルメ『越前おろしそば命名の秘密』
  • 越前の旅 越前のグルメ『鯖街道』
  • 越前の旅 越前のグルメ『へしこ』
  • 越前の旅 越前のグルメ『浜焼き鯖』
  • 越前の旅 越前のグルメ『油揚げ』
  • 越前の旅 越前のグルメ『報恩講料理』
  • 越前の旅 越前のグルメ『永平寺の精進料理』
  • 越前の旅 越前のグルメ『水ようかん』
  • 越前の旅 越前のグルメ『くずまんじゅう』
  • 越前の旅 越前のグルメ『ソースカツ丼』

ふくいブランドとは

◆ 越前・福井の地域ブランドを集結
福井県では全国トップクラスを誇る「健康・長寿」をブランドコンセプトの中心に据え、越前福井の持つ個々の地域ブランドを集結することで福井県全体のイメージ=「ふくいブランド」が、全国の人々から好感を持って受け入れられるものとなるべく、地域とともに取り組んでいます。三国温泉 お宿あらやは「ふくいブランド大使」に認定されており、越前蟹(えちぜんがに)の魅力を全国に発信しています。福井の魅力ある地域ブランドとはなにか、その一部をご紹介します。

◆ 『ふくいブランドハンドブック』
このコンテンツは福井県観光営業部ブランド営業課が発行している『ふくいブランドハンドブック』を参考文献として用いました。

越前の旅 越前のグルメ『越前蟹(えちぜんがに)』

◆ 全国で唯一、皇室に献上されるまさに冬の味覚の王者
食する者を誰をもうならす、味覚の王者「越前蟹(えちぜんがに)」。日本海・越前海岸沖は、独特の地形により好環境に恵まれ、また漁場が近いため生きたまま港に届けられます。この蟹漁は日本で最も古く、江戸時代初期から行われています。身が引き締まり、淡白な中にも適度に脂がのったその味は至高と呼ぶにふさわしく、多くの美食家たちに愛されています。地元では雌を「セイコ」と呼び、セイコの内子(卵巣)も、誰でもやみつきになる極上の珍味です。

越前の旅 越前のグルメ『越前おろしそば』

◆ そばに選ばれし、福井の風土
『北緯36度線~38度線』・・・この数字、いったいなんだと思いますか?実は、風味が高くておいしいそばが育つ風土の条件と言われているものです。福井県は北緯36度線上に位置しており、おしいしいそばができる環境に当てはまっているようです。県内で栽培されている玄そばは、皮が薄くて小粒。昔ながらの石臼でひいたそば粉を手打ちで仕上げれば、まさに究極の味わいを醸し出します。しかも、福井県のそばは、他県にはないオリジナリティにあふれています。それが、そばと大根おろしを組み合わせた『越前おろしそば』。たっぷりの湯でゆであげた熱々の麺を冷水でキュッと引き締め、大根おろしがたっぷり入ったみぞれ状の冷たいダシをかけていただく・・・。独特の食べ方は、福井の食文化の代表格として、全国的にも知られています。さらに県内では、勝山市の「勝ち山おろしそば」や坂井市の「越前坂井 辛み蕎麦」など、ご当地ならではのおろしそばをPRする動きも始まっています。

越前の旅 越前のグルメ『越前おろしそばの健康効果』

◆ 大根とそばはヘルシーコンビ
「越前そばは五臓六腑のアカをとる」そう昔から言われているように、そばを多く食べる福井人は長生きする人が多いという事実があります。そばの成分には、良質のタンパク質や豊富なビタミンB1、ルチンなどが含まれているのですが、特にルチンはポリフェノールの一つで、動脈硬化や脳卒中、高血圧を抑制する効果があります。福井県産のそばには、相対的にこのルチンの含有量が多いそう。さらに、ルチンはビタミンCと一緒に摂取することにより働きが良くなるとされているのですが、『越前おろしそば』の象徴である大根おろしは、ビタミンCたっぷりです。

越前の旅 越前のグルメ『越前おろしそば命名の秘密』

◆ 越前おろしそば命名の秘密
素朴ながらそば粉の味を純粋に味わうことのできる「越前おろしそば」。福井のそばの歴史は古く、戦国大名朝倉氏が一乗谷(現福井市)に城を構えた頃に始まり、その後、府中(現越前市)の城主となった本多富正公の頃から「おろしそば」の形で食べられるようになったようです。「越前おろしそば」と言われるようになったのは、実は昭和になってから。昭和22年10月、昭和天皇が福井を訪ねられた際におろしそばをお召し上がりになられました。かつてないことながら、おかわりもご所望になり、皇居に戻られた後も「あの越前のそば・・・」とお言葉にされたのだとか。この事がきっかけで「越前おろしそば」として全国に広がっていく事になりました。

越前の旅 越前のグルメ『鯖街道』

◆ 御食国(みけつくに)若狭から都へ続く鯖の道
古くから、若狭は大陸文化の玄関口として栄えていました。奈良・京都から日本海側で一番近い湾がある若狭を通して、さまざまな大陸文化が伝えられたのです。例えば、日本に初めて象が上陸したのも、若狭の小浜だったという資料が残されています。また、若狭は神に供え天皇に捧げる書物である「御贄(みにえ)」を供給する『御食国(みけつくに)』でもありました。若狭湾で水揚げされた魚介類は、若狭街道を経て、朝廷のあった奈良や京都の都まで運ばれていたのです。ちょうど早朝に若狭湾で水揚げされ”一塩”された海産物が、一昼夜かけて京に着くころには良い塩梅になっていた事から、この道にはいつしか『鯖街道』という名前がつけられたと言われています。

越前の旅 越前のグルメ『へしこ』

◆ 健康につながる保存食の知恵
『へしこ』、『なれずし』、『鯖寿司』、『浜焼き鯖』・・・これらは全て鯖を加工した若狭の名産品です。特に『焼き鯖寿司』は、空港の「空弁(そらべん)」から大人気となり、いまや全国的人気を誇っています。昔から鯖は”生き腐れ”といわれるほど腐敗の足が早いため、保存食の技術が高まっていきました。『へしこ』はその代表的なもので、江戸時代から福井に伝わる魚のぬか漬けのこと。『へしこ』に加工することで、アミノ酸は約二倍、ペプチドは約五倍にも増加することが判明しています。もともと青魚はDHAやEPAなどを多く含み、血液をサラサラにする作用があると言われていますが、保存食として人の手を加えることで、その栄養価をさらに増幅させていたのです。また、『へしこ』は地元の大学教授の研究により、血圧抑制効果がある事が分かっています。酒の肴やお茶漬けにしたり、またパスタなど様々な料理にも利用されている福井の伝統食『へしこ』。この『へしこ』は美味しいだけでなく、福井が誇る健康長寿の食文化なのです。

越前の旅 越前のグルメ『浜焼き鯖』

◆ ふくい夏の風物詩「半夏生鯖」
脂の乗った鯖を竹串にさして、丸ごと焼き上げる若狭の伝統料理「浜焼き鯖」。福井では年間通じてこの「浜焼き鯖」を食べていますが、特に夏至から数えて11日目にあたる『半夏生(はんげしょう、または、はげっしょ)』の日には、県内各地の魚屋やスーパーで「半夏生鯖コーナー」が設けられます。これは、その昔、大野藩(現大野市)の殿様が領民に対し、夏バテ防止のために栄養満点の鯖を食べることを推奨したことが始まり。町のあちこちで上がる鯖をやく香りと煙、店先に並ぶ「浜焼き鯖」は、まさに鯖料理の本場、ふくいの夏の風物詩です。

越前の旅 越前のグルメ『油揚げ』

◆ 油揚げ ~ 福井県は油揚げの消費量全国一位
福井市では油揚げの購入金額が全国平均の二倍近くもあり、ダントツで全国一位。特に厚揚げが多く、報恩講料理や精進料理以外でも、煮物、味噌汁、炒め物など毎日のように食卓にのぼっています。油揚げの原材料の大豆は、更年期障害の改善や美肌にも効果があるとされる大豆イソフラボンを多く含む健康的食品です。焼いた厚揚げに大根おろしと刻みネギをのせ、生姜醤油をかけて食べる「焼き厚揚げ」が居酒屋の定番メニューであるのも福井ならではです。

越前の旅 越前のグルメ『報恩講料理』

◆ 報恩講料理 ~ 心にしみいる、報恩講料理
道元禅師が開いた永平寺や、蓮如上人が開いた吉崎御坊のある福井は、信仰心の厚い県です。特に、浄土真宗が浸透している地域では、日々の暮らしの中に、宗祖の親鸞聖人を敬い、先祖を偲ぶ”おつとめ”が息づいています。この”おつとめ”の中でも「ほんこさん」と呼ばれる報恩講は、最も重要な行事です。報恩講は親鸞聖人の忌日を中心に、門徒が寺に集まって昼食をはさんで午前・午後のおつとめを行い、説教を聞くなど、ほぼ一日を寺で過ごすものです。その時の昼食を「お齋(おとき)」と言い、一汁三菜を基本に、厚揚げとじゃがいもの煮物、ナスの煮物、スコ(里芋の茎の酢の物)・・・ずらりと福井の郷土料理が並びます。この「報恩講料理」をはさんで会話を交わすひと時は、世代を超えた心の交流の場でもあるのです。

越前の旅 越前のグルメ『永平寺の精進料理』

◆ 永平寺の精進料理 ~ 食を通した修行 精進料理
全国一万五千もの寺院を要する曹洞宗大本山・永平寺。寛元2年(1244年)に道元禅師によって開かれた永平寺では、修行僧は「精進料理」という魚介類や肉類を用いない穀物や野菜などを主とする料理を食べています。道元は「典座教訓(てんぞきょうくん)」を記し、食事を作る際の心構えを説いて、食を修行の域に高めたことでも知られています。永平寺の精進料理では、野菜、穀物も命あるものとして、人参の皮をむかずに使うなど食材を大切に扱っています。旬の食材のもつ美味しさが引き立ち、体に優しい素材を自然のままにいただくという、健康食の基本を実践しています。

越前の旅 越前のグルメ『水ようかん』

◆ 水ようかん ~ 旬は冬 こたつで食べるお菓子
福井の場合、水ようかんの旬は”冬”。家族が揃うお正月の定番のお菓子です。

越前の旅 越前のグルメ『くずまんじゅう』

◆ くずまんじゅう ~ 熊川くずで作ります
日本三大くずの一つ熊川くずは、厳寒の冬に「寒ざらし」という作業により作られます。

越前の旅 越前のグルメ『ソースカツ丼』

◆ ソースカツ丼 ~ ファンが多いんです
薄くスライスしサクッと揚げたカツを、秘伝のタレに漬けて・・。ほかほかごはんにピッタリです。


  • 「越前の旅」コンテンツ

    福井県の越前・三国エリアには、食べる・買う・遊ぶ・観光・宿泊・体験など魅力がいっぱいです。お宿あらやの地元、越前を旅行・観光する際の参考になればと、「越前の旅」コンテンツに福井県の情報をたくさん掲載しました。【越前の旅
  • 越前の旅「越前の食」

    越前の地、福井県は県民の平均寿命が全国トップクラスの長寿県。男女平均で平成2年全国4位、平成7年全国4位、平成12年全国2位、平成17年全国4位平成22年全国2位の実績があり、まさに福井は長寿の地です。その長寿の秘訣は越前ガニなどの食にあります。【越前の旅「越前の食」
  • 越前の旅「越前の食育」

    自分で自分の健康を守り、健全で豊かな食生活を送るための能力を高める『食育』。この言葉を日本で使い始めたのは、福井市出身の石塚左玄(いしづかさげん)という医師です。彼は『化学的食養長寿論』の中で「地方に先祖代々伝わってきた伝統的食生活にはそれぞれ意味があり、その土地に行ったらその土地の食生活に学ぶべきである」という『身土不二(しんどふじ)』の原理を発表しました。【越前の旅「越前の食育」
  • 越前の旅「越前の名水」

    お米や地酒、お蕎麦などの美味しさは、「水」の良い福井ならでは。福井の豊富で清らかな水は、生活に潤いを与える、まさに健康長寿の秘訣のようです。福井の名水自慢は数あれど、中でも一番の自慢は、どこに出かけることもなく我が家で美味しい地下水が飲めることにあるでしょう。なんと福井県は、水道の水源の約7割が地下水。全国の平均では、地下水の割合は約2割ということからも、福井県がいかに豊富な地下水に恵まれているかが分かります。【越前の旅「越前の名水」
  • 越前の旅「越前の偉人」

    福井県、越前出身の偉人・有名人に道元・蓮如・柴田勝家・佐々木小次郎・松平春嶽・橋本左内などがいます。いずれも良く知られた人物で小説やドラマにも登場する人物です。越前を旅するなら、福井にゆかりのある歴史上の人物を知ると旅の楽しみが増すかもしれません。【越前の旅「越前の偉人」
  • 越前の旅「越前の地場産業」

    福井県、越前の地場産業をご存知でしょうか。日本国内シェア93%を誇る福井県の眼鏡フレーム。眼鏡枠工業の歴史は、明治38年(1905年)に増永五左衛門が、老眼鏡や近眼鏡がやがて社会の必需品になることを見越して、大阪から眼鏡枠づくりの技術を導入したことに始まります。このほか越前和紙・越前漆器・越前焼・越前打刃物などがあります。【越前の旅「越前の地場産業」

ページトップへ