越前の旅「越前の名水」

越前の旅「越前の名水」

越前の旅「越前の名水」

  • ふくいブランドとは
  • 越前の旅 越前の名水『長寿の源泉、おいしい水』
  • 越前の旅 越前の名水『越前の地酒』
  • 越前の旅 越前の名水『越前の名水スポット』

ふくいブランドとは

◆ 越前・福井の地域ブランドを集結
福井県では全国トップクラスを誇る「健康・長寿」をブランドコンセプトの中心に据え、越前福井の持つ個々の地域ブランドを集結することで福井県全体のイメージ=「ふくいブランド」が、全国の人々から好感を持って受け入れられるものとなるべく、地域とともに取り組んでいます。三国温泉 お宿あらやは「ふくいブランド大使」に認定されており、越前蟹(えちぜんがに)の魅力を全国に発信しています。福井の魅力ある地域ブランドとはなにか、その一部をご紹介します。

◆ 『ふくいブランドハンドブック』
このコンテンツは福井県観光営業部ブランド営業課が発行している『ふくいブランドハンドブック』を参考文献として用いました。

越前の旅 越前の名水『長寿の源泉、おいしい水』

◆ 福井のおいしい水
お米や地酒、お蕎麦などの美味しさは、「水」の良い福井ならでは。福井の豊富で清らかな水は、生活に潤いを与える、まさに健康長寿の秘訣のようです。福井の名水自慢は数あれど、中でも一番の自慢は、どこに出かけることもなく我が家で美味しい地下水が飲めることにあるでしょう。なんと福井県は、水道の水源の約7割が地下水。全国の平均では、地下水の割合は約2割ということからも、福井県がいかに豊富な地下水に恵まれているかが分かります。福井は地下水を涵養(かんよう:水がしみこんでじわじわと育っていくこと)する砂礫層の多い扇状地が発達していて、良質な滞水層が出来ているのが、ミネラル分をたっぷり含んだ豊富な地下水の秘密のようです。福井県では、水本来の持つ魅力である「美味しさ」を調査・把握し、県内各地の湧水等を「ふくいのおいしい水」として認定しています。また、各地の水は、ミネラルウォーターとしても販売され、国際線の機内食にも採用されています。

◆ 越前若狭のうらが水自慢
福井には「越山若水」という言葉がありますが、これは緑の山並みに恵まれた越前と清らかな水に恵まれた若狭を表しています。その言葉通り、若狭地方には名水の里が多く、神宮寺のお水送りの舞台となる「鵜の瀬」や「瓜割の滝」は名水百選にも選ばれています。また、ラムサール条約湿地に登録された三方五湖は、多様な生物が生息している国際的にも重要な湿地です。越前地方にも名水処が数多くあり、大野市では名水百選に選ばれた「御清水(おしょうず)」で地酒を仕込む酒蔵もあります。さらに、平成20年には「平成の名水百選」として、「本願清水(大野市)」「熊川宿前川(若狭町)」「雲城水(小浜市)」の3箇所が選定されています。

越前の旅 越前の名水『越前の地酒』

◆ 越前の地酒
銘酒の陰に名水あり。福井は酒米の代表格。「五百万石」の生産が全国二位。地元の名水で丹精を込めて作られた米と、悠久の時をかけ地下層に集められた名水が再び出会い、酒へと熟成。北陸最多の36の蔵元がお届けする地酒は、えもいわれぬ味と香りがあります。

越前の旅 越前の名水『越前の名水スポット』

◆ 越前の名水スポット『瓜割(うりわり)の滝』
あまりの水の冷たさで瓜が割れてしまうほどであるという事から、この名前が付いたとされています。泰澄大師が開山したと言われる若狭町の天徳寺の奥の森から湧き出し、小さな滝となって流れています。

◆ 越前の名水スポット『鵜の瀬(うのせ)』
小浜市の遠敷川の中流域にある鵜の瀬は、奈良東大寺二月堂の若狭井に通じる水源地とされています。毎年3月2日に「お水送り」の神事が行われ、鵜の瀬に注がれた御香水は約10日かけて若狭井に届くと伝えられています。

◆ 越前の名水スポット『御清水(おしょうず)』
「水のまち大野」と呼ばれるように、大野市にはいたるところに湧水があります。名水百選に選ばれた「御清水」は、かつて大野城のご用水として使われていたことから「殿様清水」とも呼ばれ、今も市民に親しまれています。


  • 「越前の旅」コンテンツ

    福井県の越前・三国エリアには、食べる・買う・遊ぶ・観光・宿泊・体験など魅力がいっぱいです。お宿あらやの地元、越前を旅行・観光する際の参考になればと、「越前の旅」コンテンツに福井県の情報をたくさん掲載しました。【越前の旅
  • 越前の旅「越前の食」

    越前の地、福井県は県民の平均寿命が全国トップクラスの長寿県。男女平均で平成2年全国4位、平成7年全国4位、平成12年全国2位、平成17年全国4位平成22年全国2位の実績があり、まさに福井は長寿の地です。その長寿の秘訣は越前ガニなどの食にあります。【越前の旅「越前の食」
  • 越前の旅「越前の食育」

    自分で自分の健康を守り、健全で豊かな食生活を送るための能力を高める『食育』。この言葉を日本で使い始めたのは、福井市出身の石塚左玄(いしづかさげん)という医師です。彼は『化学的食養長寿論』の中で「地方に先祖代々伝わってきた伝統的食生活にはそれぞれ意味があり、その土地に行ったらその土地の食生活に学ぶべきである」という『身土不二(しんどふじ)』の原理を発表しました。【越前の旅「越前の食育」
  • 越前の旅「越前の名水」

    お米や地酒、お蕎麦などの美味しさは、「水」の良い福井ならでは。福井の豊富で清らかな水は、生活に潤いを与える、まさに健康長寿の秘訣のようです。福井の名水自慢は数あれど、中でも一番の自慢は、どこに出かけることもなく我が家で美味しい地下水が飲めることにあるでしょう。なんと福井県は、水道の水源の約7割が地下水。全国の平均では、地下水の割合は約2割ということからも、福井県がいかに豊富な地下水に恵まれているかが分かります。【越前の旅「越前の名水」
  • 越前の旅「越前の偉人」

    福井県、越前出身の偉人・有名人に道元・蓮如・柴田勝家・佐々木小次郎・松平春嶽・橋本左内などがいます。いずれも良く知られた人物で小説やドラマにも登場する人物です。越前を旅するなら、福井にゆかりのある歴史上の人物を知ると旅の楽しみが増すかもしれません。【越前の旅「越前の偉人」
  • 越前の旅「越前の地場産業」

    福井県、越前の地場産業をご存知でしょうか。日本国内シェア93%を誇る福井県の眼鏡フレーム。眼鏡枠工業の歴史は、明治38年(1905年)に増永五左衛門が、老眼鏡や近眼鏡がやがて社会の必需品になることを見越して、大阪から眼鏡枠づくりの技術を導入したことに始まります。このほか越前和紙・越前漆器・越前焼・越前打刃物などがあります。【越前の旅「越前の地場産業」

ページトップへ