国定公園 越前松島

宿は国定公園 越前松島にあります

お宿あらやから越前松島へ

お宿あらやは越前松島(えちぜんまつしま)の高台にあり、宿から海へおりて行けます。

宿から歩いて越前松島の海へ

越前松島

越前松島は東尋坊の断崖に比べて女性的な趣が特徴的。
海岸には古代の人が暮らした洞窟もあり、海が
穏やかな季節にはお散歩コースとしても人気の場所。
6月~9月には水平線に沈むきれいな夕日、
冬は迫力のある日本海の荒波など、
四季折々の表情を見る事ができます。

贅沢な眺めのお散歩

越前松島

越前松島は東尋坊と同じく輝石安山岩でできています。
同じ輝石安山岩でできていても、どこか女性的な趣が感じられるのが特徴的です。

観音さまが祀られている2つの洞窟

越前松島

越前松島には、『聖穴(ひじりあな)』と『観音堂』の2箇所に
観音さまが二か所に祀られています。
毎年4月には「観音まつり」が開催され海の安全をお祈りしています。
上記の写真は『観音堂』で、大きな岩山に自然に空いた洞窟が圧巻です。

引き潮の時には、散歩道が現れる長茶ヶ浜

越前松島

「むかし殿様をはじめ多くの風流人がここへきて
景色を眺めながら時が経つのも忘れてお茶を飲んでいた」ことから
長茶ヶ浜と名付けられたそうです。
引き潮の時には散歩道が現れます。
ヒトデや貝など海の生き物とも触れ合えます。

優美な柱状節理

越前松島

マグマが冷えて出来た形で柱状節理と呼ばれる形の岩。
東尋坊の柱状節理が「雄々しい」といわれるのに対し、
越前松島の柱状節理は「優美な」と言われています。

越前松島 あらや地図

海原を眺め、時が止まる、旅の宿。松林を渡る風。
冬は荒波、夏は夕日。越前松島を眺めながらの散策も楽しめます。

ページトップへ