越前ガニ(えちぜんがに)

お宿あらやの越前ガニ(えちぜんがに)

お宿あらやは私と妻の小さな宿ですが、越前蟹を水槽で生かして新鮮な蟹を調理することにこだわっています。調理前の蟹をお見せするのも、お客様に鮮度をご確認いただきたいからです。蟹の仕入れから調理まで夫婦で行い、人任せにしません。その時々のお客様に合わせて良い蟹を仕入れ、ご来店されるまで生かしておこうと努力しております。
------
お宿あらやは客室露天風呂があるような高級旅館ではありません。近年、メスのセイコ蟹と1kgを超える上位クラスの蟹の水揚げが特に減少しており、セリ値が上昇しています。宿泊料金が高いと思われるかもしれませんが、ほとんどがご夕食の蟹の金額です。
------
こんな小さい宿ですが、毎年来て下さる常連のお客様がいらっしゃいます。夫婦で常連様のお顔を見るのが楽しみです。「旅行の目的は蟹」というお客様にお越しいただければ幸いです。

越前ガニ(えちぜんがに)のサイズ

あらやでは、こちらの越前ガニのサイズを扱います。特に、越前港で仕入れた1.2kg前後の献上蟹サイズの越前ガニを「皇室献上蟹クラス」とご案内しています。
------
献上蟹サイズ … 1.2kg前後(1.1kg-1.3kg皇室献上蟹クラス
特特大サイズ … 1.0kg前後(950g-1.1kg)
特大サイズ ……… 900g前後(850g-950g)
サイズ ………… 800g前後(750g-850g)
------
店舗で使用される越前ガニは1パイ400~500gが一般的で、多くの宿泊施設や食事処で使用しています。お宿あらやのメインの蟹は通常よりサイズが大きく、上位クラスの蟹を扱います。特に、特特大(1kg前後)と献上蟹サイズ(1.2kg前後)は一目で分かるくらい大きさが違います。


越前ガニの競り

越前港での競り。仲買人と協力して品質の良い越前ガニを探します。

越前ガニの仕入

死んだ蟹は仕入れず、生きた越前ガニだけを仕入れて、生簀に運びます。

越前ガニの生簀

調理する前に越前ガニを水槽で休ませて、泥を吐かせます。

生の越前ガニ

生の越前ガニをお客様にお見せします。お見せしてからゆでるので、お待たせしますが、ゆでたての越前ガニを食べられます。記念に、越前ガニの写真を撮ることもできます。

越前ガニのご夕食

越前ガニのお食事は、テーブル席の個室をご用意します。ごゆっくりお召し上がりください。

黄色のタグは「越前ガニ」の証

タグつき越前ガニ

越前ガニには、黄色の産地証明タグが付いています。タグには「越前港」「三国港」など水揚げ港が記されており、県ごとにタグの色が異なります。黄色のタグは越前ガニの証です。(※)セイコガニ(メス蟹)には産地証明タグが付きません。

越前町漁業協同組合認定証

お宿あらやは「越前町で水揚げされた越前ガニ取扱店」の認定を受けています。



  • お宿あらやの越前ガニ

    あらやでは、生の越前ガニをお客様にお見せしてからゆでるので、アツアツの越前ガニを食べられます。そんな「越前ガニへのこだわり」と、越前ガニの仕入れに苦労する「あらや主人の独り言」をご紹介します。【越前ガニ
  • 越前ガニ料理

    生簀から越前ガニを取り出してその場で調理する、あらやの越前ガニ料理。鮮度バツグンのカニしゃぶ・カニ刺身・焼き蟹・ゆで蟹など。なかでも皇室献上蟹クラスは地元でしか味わえません。【越前ガニ料理
  • 越前ガニ料理「かにみそしゃぶ

    あらやの「かにしゃぶ」は、活の越前ガニを丸ごと1杯使います。1杯丸ごと使うので、かにみそが入った「かにみそしゃぶ」になります。かにみそを加えた出汁で、カニ身をさっと「しゃぶしゃぶ」してお召し上がりください。お客様の好きなタイミングでしゃぶしゃぶできるので、いつでもアツアツでお召し上がりいただけます。越前ガニの甘みが堪能いただける、あらや主人おすすめの越前ガニ料理です。出汁にかにみそが入っているので、仕上げの雑炊もおいしくなります。【越前ガニ料理「かにみそしゃぶ」
  • 越前ガニ料理「焼きがに

    炭火の網焼きで蟹を焼くと、カニ殻の焦げた煙の匂いが出て、身がパサパサになりやすいので、あらやでは焙烙(ほうろく)を使い、越前ガニを「蒸し焼き」にします。蒸し焼きのカニ身の水分が適度に飛んだ香ばしさを求めているからです。【越前ガニ料理「焼きがに」
  • 越前ガニ料理「ゆでがに

    あらやでは店先の生簀から、ゆでるのに適した越前ガニを選び、お客様にお見せしてからゆでます。生の蟹をお見せしてからゆでるので、お待たせしますが、ゆでたてアツアツの越前ガニをお召しあがりいただけます。【越前ガニ料理「ゆでがに」
  • 越前ガニ料理「かに刺身

    生簀から生きた越前ガニを上げて「かに刺身」にしています。あらやは三か所に1トンの水槽を保有して越前ガニを生かし、常に新鮮な状態で保持できるよう努力しています。これが良い刺身をお出しすることにつながります。【越前ガニ料理「かに刺身」
  • 越前ガニ料理「セイコ雑炊

    福井ではズワイガニのメスを、地方名で「セイコガニ」と呼びます。セイコガニ(雌ガニ)にしかない赤い内子(うちこ)と、腹に抱えている外子(そとこ)が美味しく、独特の旨みがあります。そのセイコガニを丸ごと1パイ使ってカニ雑炊にしたお料理です。【越前ガニ料理「セイコ雑炊」
  • 食事処「越前がに楽膳

    あらや一階の食事処「越前がに楽膳」にて、ご昼食・ご夕食に越前ガニの刺身・焼き蟹・ゆで蟹・しゃぶしゃぶ、皇室献上蟹クラス、セイコガニなどを使った越前ガニのコース料理をご提供しております。【食事処「越前がに楽膳」
  • 越前ガニと旬のさかな

    越前・福井には越前ガニをはじめとした、美味しい魚がたくさんあります。福井県は、「福井県の四季を感じさせる」「生産量が多い」「おいしいと評価が高い」「福井県民に親しまれていること」を考慮し、『越前・若狭の旬のさかな』を選定して全国に紹介しています。【越前ガニと旬のさかな
  • 越前ガニ動画

    お宿あらやの越前ガニの生簀や食事風景などを撮影したコマーシャル動画です。Googleストリートビューで、お宿あらやの施設内もご覧いただけます。【越前ガニ動画

越前ガニ(えちぜんがに)の民宿・旅館・食事処

2018年の越前ガニ食事・昼食・コース料理まとめ
2018年11月から始まった越前蟹シーズンで、三国温泉お宿あらやの越前ガニ(えちぜんがに)食事・昼食のコース料理をまとめた過去ログです。2018年は水産試験場から3年後の越前蟹の水揚げが半減するとの予想が出るなか、1kgを超える上位クラスをはじめ全体の水揚げが減少し先行きが怪しまれていましたが、一度も雪が降らず天候に恵まれたために蟹漁に順調に出ることができて大きく水揚げに影響を及ぼすところまでは至りませんでした。山陰では蟹漁の漁獲制限が行われるまでに水揚げがありました。今シーズンはあまりに何度も出漁して水揚げを重ねたため、個人的には来シーズンの水揚げが順調に行われるか不安があります。ここに掲載しているお食事・昼食コースは現在は受付しておりませんが、三国で越前蟹(えちぜんがに)のご昼食やお食事先の旅館・民宿・食事処・レストランを探す際のご参考にどうぞ。【2018年の越前ガニ食事・昼食・コース料理まとめ】に進む

ページトップへ