東尋坊

宿から車で5分の観光地「東尋坊」

東尋坊

越前・三国を代表する観光地「東尋坊」

◆東尋坊
所在地:〒913-0063 福井県坂井市三国町安島 東尋坊国定公園
越前・三国を代表する観光地「東尋坊」は、約1kmにわたる断崖に日本海の荒波が打ち寄せる、国の天然記念物及び指定名勝です。水面から25m(ビル約8~9階の高さ)もの断崖絶壁から臨む景色は雄大。海面からの目線で楽しめる観光遊覧船も人気です。 ●【三国の旅行・観光「東尋坊」】に進む ●【東尋坊夕陽ハートカクテル(2018)】に進む

◆東尋坊観光遊覧船
東尋坊の遊覧船乗り場から、東尋坊の周辺をまわる遊覧船が出ています。一周30分くらいのコースで、洋上から東尋坊周辺を楽しむ事ができます。営業期間・営業時間・出発場所は天候や時期により異なります。

◆東尋坊タワー
東尋坊には周辺を一望できる東尋坊タワーがあります。海抜100メートル・地上55メートルからの眺めで、晴れた日にはきれいな水平線が見えるそうです。

◆東尋坊の柱状節理
東尋坊は 火山の噴火により流れ出たマグマが冷えて固まり、固まった岩が波により削られたためにこの形になったと言われています。この岩は「輝石安山岩」と呼ばれています。マグマが冷えて固まるときにできた五・六角形の柱状の割れ目(柱状節理)が発達していて、この規模の大きさが地質学的に貴重とされ、1935年に国の天然記念物・名勝に指定されています。この柱状節理の様子が、同じ輝石安山岩でも越前松島とは少し様子が異なります。東尋坊のものは「雄々しい」、越前松島のものは「優美である」と評される事が多いので興味のある方はぜひ比べてみて下さいね。 ●【東尋坊の柱状節理】に進む

◆荒磯遊歩道
海岸に沿って約4キロある「荒磯遊歩道」があります。海を見下ろす形で歩いて行く事ができます。途中に高見順や三好達治、高浜虚子など地元と縁のある文学者の碑が立っている場所もありますよ。お天気の良い日にはお散歩されると気持ちが良いのではないでしょうか。

◆名前の由来
東尋坊の名前の由来となった平泉寺の「東尋坊」という僧の伝承が伝わっています。乱暴あるいは恋愛関係で恨みを買って此処から突き落とされた平泉寺(勝山市)の僧の名前とされています。 ●【東尋坊 名前の由来】に進む


イベント告知:東尋坊夕陽ハートカクテル(2018)

ページトップへ