• 宿泊プラン
  • 空室検索
  • お食事のみ

越前ガニ

越前ガニ とは?

echizen-crab_01

越前がに」とは、福井県で水揚げされたズワイガニにつけられた名称です。
福井県は1989年に正式に「越前がに」を「県のさかな」と定めました。

以前は県外や国外から安価なズワイガニが市場を通して福井県内に流通し、
小売業者が地元産以外のカニを「越前がに」として販売して、地元産のかにの
信用を落としめたことがありました。

そこで、1997年から越前町漁業協同組合越前がに
標識票を付ける試みを始め、それが県内の他の漁業組合に広がり、
今では福井県の地域ブランドとして、
標識票の付いた越前がにのイメージがすっかり定着しています。

標識票とは産地証明タグのことで、上写真の越前がにの右側のはさみの
根元部分に取り付けられているのがそれです。
写真では産地証明タグの裏側が見えていて、水揚げ港である「越前港」の名が
はっきりと読めると思います。

上の写真はゆでた状態の越前がにです。

ページトップへ